勃起不全の原因は加齢だけではない

勃起不全というのは男性ならば一度は意識したことがあるのではないでしょうか。勃起不全、EDとも呼ばれるそれは勃起しない、または十分な硬さが得られないといった理由で満足に性交渉が行えない状態のことを言います。勃起しないだけが勃起不全と思われがちですが、あまり硬くならないという場合や、本人が勃起に対して不安や不満を感じている場合にも勃起不全と呼ばれる症状とみなされます。
慢性的なものではなく、たまに勃起しないという方などを含めると日本人男性の勃起不全の割合はかなり多くなっています。それは年齢のせいだろうと考えがちですが、確かに年代別で見てみると高齢になるにつれて増えていきます。しかし年齢だけが原因というわけではないのです。
まず、なぜ歳を取ると勃起不全になりやすいのかというと、動脈硬化になる可能性が高いためです。勃起というのは脳が性的興奮を感じて神経を通じて伝達、それによって陰茎海綿体に血液が流れ込んで起きるというメカニズムです。なので血管が硬くなると血の巡りが悪くなってしまい、上手く流れ込まなくなるということですね。糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかるとリスクが高まると言われています。
それ以外の原因ですとストレスやうつといった精神的、心理的な要因が挙げられます。日常的なストレスや、性交時の失敗などによって神経が正常に働かず、勃起不全になってしまうのです。
また、別の病気で服用している薬剤が原因となる場合もあります。

カテゴリー: 勃起不全基礎情報   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>